面積を浴室・洗面所よりリビングを優先した為、狭くて不便です。

初めて家を建てるし、もともとそんなに大きな坪数ではなかったのですが、その中で、設計の計画・打ち合わせの際に、リビングの面積を出来るだけ大きく取りたいと、メーターさんに伝えてました。

なので、リビングは一般的な家より割合的にも広くできました。

住みはじめてすぐのときは、リビングが広く開放的で、とても嬉しかったのですが、生活しだしてみるとまず、子供が二人いて一緒にお風呂に入るのですが、狭いので窮屈に感じ、冬なんかは寒いので浴槽に浸かりたいのに子供を先に浸からせて。

暖ためてから洗いだすので自分は入れないまま、先に洗ったりして不便でした。

また、朝の洗面所も歯磨きや奥さんが仕事前に、洗濯を回したりするので、混雑します。

さらに、雨の日の洗濯物を干すのが、室内になると思うのですが、結局干す所がなくリビングに干すので広く解放感を求めて作ったリビングが生活感に溢れました感じになってしまい、思ってたイメージと全然違う生活です。

実際、逆に浴槽や洗面所を広くして洗濯物を干せるスペースを作った方が見ためも絶対にいいですし、便利だと思います。

なかなか建てる前はイメージだけでしてしまうので生活しないとわからない事が多いですが、こういう体験談をたくさん参考にするといいと思います。

よく読まれてるサイト>>>>>渋川市 注文住宅

Categories: 未分類